身近なアレに意外なパワーが!? 「がん」対策にもなるスーパーフード3つ


~女性のハッピー生活をサポート「WooRis!」より~

日本人の約3人のうち1人が“がん”で亡くなっており、死因の第1位となっています。いまや、がんは“国民病”といっても言い過ぎではなく、誰でもがんになる可能性があるといってもいいのではないでしょうか?
がんだけでなくアトピーやうつ病などの病気も、免疫力が低下したときに起こるといわれています。こういった病気にならないためには、とにかく、免疫力を低下させないことが大事! 日ごろの生活習慣に気をつけ、病気を寄せ付けない身体でいたいものです。
そこで今回は、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎さんの著書『免疫力をアップする科学』を参考に、“がん”対策にもなるスーパーフード3つをご紹介します。
■1:緑茶
緑茶には、“がん抑制”と“老化防止”効果があることがわかっているそうです。とくに、緑茶に多く含まれているカテキン類が、健康を増進する効果の重要な役割を果たしているとのこと。
なお、カテキンの体への吸収率をさらに高める方法としては、緑茶をただ飲むだけではなく、”ビタミンAを多く含む緑黄色野菜と食べ合わせる”といいとのことです。
サラダなどで緑黄色野菜をたくさん食べた上で、食後の1杯として緑茶を飲むようにしたいですね! ただし、緑茶にはカフェインが含まれており、寝る前に飲むと眠れなくなってしまうため、飲むタイミングはお気をつけください。
■2:にんにく
米国の国立がん研究所が、がんを予防する食品をまとめて“デザイナーズフード・ピラミッド”を作っていますが、その中で予防効果の最も高い食品として選ばれているのが“にんにく”です。
にんにくというと、ニオイが……という方もいらっしゃるかと思いますが、がんの予防効果のある食品としては抜群だといいます。“1日4g”を目安に摂ることを勧めています。
なお、調理法によっては、にんにくのニオイを抑えることもできます。色々な調理に、にんにくを使ってみましょう。
■3:キノコ
<キノコは食物繊維が豊富であるだけでなく、β-グルカンという免疫力を高める成分が多く含まれています。>
キノコの主成分であるβ-グルカンなどが、免疫力を強化してがんが拡大するのを防いでくれるとのことです。
スーパーで手に入りやすいキノコといえば、しいたけ、しめじ、えりんぎ、えのき、なめこ、まいたけなど、色々な種類がありますよね。キノコは低カロリーなので、ダイエットにも最適な食品です。“キノコのガーリックバター炒め”などは、がん予防に最高ですね!
以上、“がん”対策にもなる身近なスーパーフード3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?
にんにくやキノコは単品で食べるのではなく、様々な調理法などでバランスよく食べるようにしてくださいね。また、緑茶に含まれるカテキンには消臭・殺菌作用もあり、食後に緑茶を飲むと口臭予防にもなります。ただし、摂り過ぎも良くないので、どの食品も適量を摂るようにしましょう。

女性のハッピー生活をサポート「WooRis!
身近なアレに意外なパワーが!? 「がん」対策にもなるスーパーフード3つ