「にんにく博物館」が韓国にあるらしい??


韓国の南海市に、にんにくの形をした博物館があるみたいです。この博物館の名前はずばり「にんにくの国」。

韓国南海郡は爽やかな緑の森と真っ白な砂浜がつづく海、閑麗水道に浮かぶさまざまな島と奇岩怪石の山々などの美しい自然があり、外勢の侵略に対抗して国を救った忠武公・李舜臣将軍の「忠」の精神と、九雲夢を書いた西浦・金万重の孝の息づかいが今も伝えられている所です。

「ニンニクの国」とは、韓国南海郡二東面タジョン里に立てられた全国最初のニンニクセンターの名前です。昔から有名だった宝島南海ニンニクは、他の地域との差別化を図るために38億ウォンを投入して、2,275坪の敷地に310坪の2階建て規模で南海ニンニクを広報するための研究室、センター、資料室、広場などを備え、ニンニクの全てを一目で理解できるように整備しました。

「ニンニクの国」では、ニンニクに関する全てを見ることができ、学術的な研究史料の集大成と実証実験、体系的なニンニク研究を通じて宝島南海ニンニクの素晴らしさを内外に知らせていくことを目的としています。 ニンニクに対する世界的な研究センターへの跳躍は勿論、学術セミナーと農業文化の体験など、細かく準備されています。韓国内外で開発されたニンニク関連医薬品、食品などや研究論文などを見ることができ、特にニンニクをテーマにした世界的水準の学術大会を開催し、名実共にニンニク産業と研究に対するメッカとなるでしょう。
にんにく博物館「ニンニクの国」の動画はこちら