夏バテ・夏太り対策には「にんにくの食べ方」が重要と判明

本格的な猛暑に終わりが見えてきたものの、暑さで夏バテを起こして疲れきっている方も多いのではないでしょうか。また、夏の身体の悩みとして「ダイエットがうまくいかない」というのもありますね。
夏は気温が高いため、体温を維持するためにカロリー消費しないでいい分、太りやすいと言われています。しかし、夏バテと夏太りで悩む女性こそ摂りたい食材があります。
それは“にんにく”。匂いのため敬遠されがちなのですが、実はにんにくのとある成分が効果的なのです。夏バテと夏太りに苦しんでいる方、にんにくの驚くべき効果を知らないのは損ですよ!
■にんにくのあの独特の匂い成分が実はイイ?
にんにくが嫌われる原因があの臭い匂いですね。通勤や仕事を考えるとなかなか食べられないものです。
この匂いの原因は“アリシン”と呼ばれる物質。にんにくを切ったりすりつぶしたりすると発生するのですが、この物質が体内のエネルギーを燃焼させるために大切な存在なのです。
■アリシンがビタミンB1と結びつくことで効果を発揮
にんにくはスタミナ食品としてよく知られていますが、その理由はビタミンB1を身体に取り入れやすくするところにあります。
ビタミンB1は糖質からエネルギーを作り出し、皮膚や粘膜の健康に役立つビタミンですが、水に溶けやすく体内での吸収が悪い物質。食物から摂っても排出されやすいのです。
しかし、にんにくの匂い成分アリシンがビタミンB1と結びついて、“アリチアミン”という物質になると、油に溶けやすく腸から体内に吸収されやすくなります。
■おススメは豚肉とにんにくを油で炒めた料理!
ビタミンB1を含む食べ物とにんにくが組み合わさると、糖質をエネルギーに変えてくれるので疲労回や痩せやすい身体になる効果があります。では、どうやって食べたらいいのでしょうか?
おススメは、ビタミンB1を多く含む豚肉と組み合わせた料理です。また、油を使った料理だとさらに吸収されやすくなるので、ポークソテーやサムギョプサルや炒め物がベスト。
また、にんにくを油に漬けたガーリックオイルでビタミンB1を多く含む食材を炒めたり、ドレッシングとしてかけて食べるという方法もあります。
■にんにくの匂い消しにはお茶と乳製品を
しかし、にんにくを美味しくいただいても気になるのが匂いの問題。
緑茶、紅茶、ウーロン茶など茶カテキンを多く含むお茶類は、にんにくの匂い成分を分解してくれます。
また、牛乳やチーズ、ヨーグルトなど乳製品を食べると、タンパク質が匂いの元であるアリシンと結合するのでこちらも消臭に効果的です。
スタミナ食材としておなじみのにんにくですが、疲労回復やダイエット効果をフルに発揮させるには実は食べ方が大切です。にんにくのアリシンとビタミンB1が結びついたアリチアミンは栄養剤にも入っている成分ですが、実は身近な食材でとれるもの。
疲れが取れない、痩せない、とお悩みの方は、“にんにく+豚肉+油”の組み合わせをためしてみましょう。

情報元: ウーリス