水耕栽培の「にんにく」を本格販売へ(新潟日報記事)


















にんにくって水耕栽培が出来るんですね!

(記事抜粋)
新発田市のコメ販売会社代表や農家が、薬味や加工品に使われるニンニクを水耕栽培で量産化し、本格販売を始める。ハウス内で時季を問わず芽と球根、根をバランスよく育て、丸ごと生鮮野菜として出荷する。委託栽培で年間約100万個を生産する見通し。25日から同市のスーパーで初の店頭販売を行い、天ぷらやいため物にも使えるとしてアピールする。

中心となっているのはインターネットなどを通じてコメを販売する同市の渡辺久恵さん(52)。仕事で都内の企業を訪ねた際に水耕栽培のニンニクを知り、昨年5月から研究を始めた。


(新潟日報2010年1月19日)