ピラミッド建設を支えたスタミナ源「にんにく」



2〜3000年前の古代エジプトのピラミッドは20年以上の歳月をかけ2トン以上の石を200万個使い炎天下の下で20万人の労働者達が築きました。古文書(パピルス)には、にんにくがその労働者に与えられていた事が記されています。クフ王が建造したピラミッド内部の壁画には、労働者がにんにくを食べ厳しい労働に耐えている姿が描かれています。